メニュー

校長あいさつ

2007年05月01日
五月の新緑に誘われて
木々の緑が鮮やかな季節となりました。
4月26日(木)1時間目に「1年生を迎える会」が開かれました。これで、1年生も正真正銘の「安東っ子」となりました。2年生から6年生までのお兄さんやお姉さんが、歌ったり踊ったりして歓迎の気持ちを表わしました。1年生も手拍子をしたりハミングしたり喜んで見ていました。1年生はお返しに、元気よく歌を歌ってお返しをしました。1年生が一番喜んだのは「かんむり、ベルト、ペンダント、マント、ペアと一緒のブローチ」等のプレゼントでした。全部身につけると、148人の王様やお姫様が出来上がりました。
5月は、ペア学年で「安小ピクニック」に出かけます。静岡市内で一番早い「運動会」が、赤色、青色、黄色、オレンジ色の4色対抗で行われます。
自然と出会い、歴史と出会い、友達のがんばりと出会う、そんな“本物”との出会いがある体験プログラムが各学年で計画され、様々に実践されています。今、触れる機会が少なくなった「本物」、「本物」を肌で感じ、そこで出会う感動が子どもたちを成長させています。
「経験は最上の教師である」といわれています。しかし、なんでも経験させればよいといっているわけではありません。苦しかったりつらかったり不自由だったりすることを乗り越えられるような「生きる力」につながる経験をするのでなければ教育にはなりません。
本校では、一人一人の個性を重視した教育を実践するために、「いかに多くを覚えるかを大切にする教育」ではなく「個々に異なる学びのスタイルやその子ならではの思いや願いやこだわりを大切にする教育」を実践しています。
来るゴールデンウィークや休日には、新緑の中でいかに過ごすか計画を立て、有効な休日活用となることを願っております。

                校長 渡邉美恵子

写真一枚目
拡大表示
戻る

2018年06月






12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930







今日は・・・

アクセス