メニュー

安小ニュース



最新情報
過去情報
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年10月 の情報
本物を味わう旅(6年:修学旅行) 20151028
 今朝早く、6年生が修学旅行に出発しました。

 冷たい空気が、はだにしみる朝の6時半。お家の人につれられて、静岡駅の北口に集まった6年生。眠そうな顔をしている子どもは一人もなく、どの瞳も、この2日間の修学旅行への期待であふれんばかりに見えました。
 1泊2日で東京方面に向かう安東小の修学旅行は、ただの旅行ではなく、学習の場でもあります。クラスで話し合った修学旅行のスローガン設定や、訪問先の事前の調べ学習。班を主体とした活動計画の作成など、この行事を通して、子どもたちは多くのことを学び・体験してきてくれると思います。
 明日、夕刻。再びこの静岡の地に降り立った子どもたちは、きっと今朝よりもひとまわり成長していることでしょう。

※写真は昨年度のものです。

 修学旅行1日目は、「杉並能楽堂」「東京タワー」「江戸東京博物館」「浅草寺・仲見世」などを回って、旅館で一泊する予定です。

 「杉並能楽堂」は、人間国宝でもある山本東次郎さんが主宰する狂言の殿堂です。ここで子どもたちは、本物の狂言を目の当たりにすることと思います。
 「東京タワー」は、言わずと知れた高度経済成長時の日本の象徴。東京スカイツリーに高さのナンバーワンは奪われてしまいましたが、その学習価値は依然ナンバーワンです。
 「東京江戸博物館」は、江戸時代から明治・大正・昭和と変わって来た東京の姿を知ることのできる素晴らしい博物館です。ここで学んだことは、これからの社会科の学習にも役立ちます。
 「浅草寺・仲見世」は、外国人にも有名な観光スポット。浅草寺の歴史も調べてみるとすごいです。仲見世の国際的な賑わいもびっくりです。

 宿泊は昔ながらの「旅館」。修学旅行といったらみんなで一緒に部屋で夕食をとったり、一緒におふろに入ったり寝たりしたのが一番の思い出でしょう。(まくらなげも…?これらはホテルでは味わえません。)







6年生の留守は任せて!(5年:愛校活動&あいさつ運動) 20151028
 今日から2日間の予定で、6年生が修学旅行に出発しました。

 この2日間は、5年生が安東小学校の最上級生です。

 朝早くから、愛校活動の清掃や、あいさつ運動に取り組み始めた5年生。留守を任されたということで、やる気十分。玄関や渡り廊下の清掃、ホールや階段のぞうきんがけに一生懸命に取り組む姿、登校して来た下級生に大きな声であいさつする姿が見られました。

 こうやって5年生は、一歩一歩「最上級生」に向けた階段を上って行くんですね。

 5年生=次のリーダー! がんばれ!






旅行中の活動よろしくお願いします(5・6年) 20151027
 明日から6年生が修学旅行に出発します。6年生は毎朝、愛校活動やあいさつ運動の活動を続けてくれています。修学旅行中は、その役目を5年生が引き受けてくれます。それに向けて5年生は6年生の活動を見学し、一緒に活動しながら、活動の仕方や仕事の手順を学んできました。

 明日からの2日間。学校の留守は5年生に任せて下さい。

 そして、楽しい修学旅行の思い出をたくさん聞かせて下さい。







行動で伝えるあいさつも大切に(11月の朝会) 20151027
 10月もあと数日、11月の朝会が開かれました。
 安東小学校のめあては「あいさつでこころをみがく安東っ子」
 今日は校長先生に、いくつかのあいさつを紹介していただきました。
 まずは、新聞記事から。
「バスの中でのことです。中学1年生ぐらいの男の子がバスに乗ってきました。私は「こっちが空いてるよ」と手招きして、空いている席を教えてあげました。男の子は降りるとき、いったん私の前を通り過ぎましたが、私の方を振り返り、深々と頭を下げて歩いていきました。」

 さあ男の子はどこであいさつをしたでしょう。
 また、心の中でなんと言ったでしょう。
 「ありがとう」って心の中で言っていたんじゃないでしょうか。

 横断歩道を渡った時に、止まってくれた車に軽く会釈をした小学生。運転手さんも軽く会釈を返しました。

 この会釈にはどんな気持ちが込められているでしょう。
「止まってくれてありがとう」
「どういたしまして」
「ありがとうの気持ちが伝わったよ」
会釈の中に、こんな気持ちが込められていたのではないでしょうか。

 先日の5年生の社会科見学。路線バスで工場見学に行きました。
すると学校に次のような電話が。
「さきほど安東小の5年生がバスに乗ってきました。静かに礼儀正しい態度で、ほんとうにうれしくなって学校に電話させていただきました。」

 5年生は態度で示してくれました。「他のみんなが、安心して静かに普通にバスに乗れるように」という気持ちを。

 一生懸命に活動している姿。言葉のあいさつではないけど、その姿に「あいさつ」と同じものを感じます。一生懸命もあいさつの一つじゃないかと思います。その姿を見せることも大切ですね。






クラス毎あとしまつに取り組んでいます(第6回代表委員会) 20151026
 10月の代表委員会が開かれました。

 今回の委員会では 夏休み前からクラス毎に取り組んでいるあとしまつについて、各クラスから活動や工夫についての報告がありました。
 朝の会と帰りの会にそれぞれ時間をとって取り組んでいるクラスや帰りの会の途中に呼びかけたり、当番が呼びかけたりするクラス、放課後に代表委員と学級委員が中心になって取り組んでいるクラスなど、それぞれのクラスで時間を工夫しながら、またお互いにチェックしながらがんばっているようです。

 2月初めのスーパー安小ワールドに向けた取り組みでは、先日クラス毎に考えた「読み札」をもとに、各ペアクラス毎、取り札の絵の分担をしていきます。そしてペアと協力しながら、取り札作りを進めていきます。今年度のスーパー安小ワールドのイベントは「安小カルタ」どんな読み札・取り札ができるかとても楽しみですね。

■安小ワールド(ペア活動)これからの予定
10/27 取り札の絵の分担を決める
11/10 取り札の絵のデザインを描く
※未完成のときは、一週間後までに代表委員に提出します。





ごみのゆくえを追ってきました。(4年生 社会科見学) 20151023
社会科の授業でごみ処理施設について学習した4年生。
沼上清掃工場と静岡リサイクル事業協同組合へ行ってきました。

沼上清掃工場では、静岡市で出されたごみが処理されていく様子、工場で働く人の動きや施設を見学させていただきました。
大掛かりな設備や発電の仕組みなど、私たちの暮らしを支えるシステムに子どもたちは感動していました。
「もったいないと考えること」「ごみを分別すること」「水筒を使うこと」「残さず食べること」「一つのものを大切に使うこと」など、すぐにでも実践することのできるエコ運動についても教えていただきました。

静岡リサイクル事業協同組合では、空き缶や空き瓶がどのように再利用されているのか、学習しました。
教科書やパソコン学習で事前学習した内容も、実際の工場を見学することで、においや音を感じたり、働く人の技術を目の当たりにしたりするなど、より深い学びを実現することができました。

どちらの施設でも、大切にしている言葉は「4R」です。
リフューズ(断る)
リデュース(減らす)
リユース(再利用する)
リサイクル(再生利用する)
どれも私たちにとって大切なことです。

学校でも、今回の社会科見学の振り返りをしながら、住みよい社会をつくるため、自分たちの生活習慣をどうしていくのが好ましいのか、子どもたちと考え、実践していきたいと思います。

ご家庭でもぜひ実践をお願いします。


和田島自然体験教室レポート 2日目(4年生) 20151023
【9月17日】
二日目は雨のため、自然の家の中でクラフト体験をしました。

ペアさんへのプレゼント、「木の実キーホルダー」は、目玉をつけたドングリを木に飾り、どの子もかわいらしく仕上げることができました。

作るのが少し難しかった「紐人形」は、友達と確認したり、教え合ったりしながら挑んでいる子もいました。
苦労した分、完成した時には、どの子も達成感に包まれていました。

い思い出の品になりました。


和田島自然体験教室では、初めての経験が多く、子どもたちにとって忘れられない行事となりました。

この教室を通して、集団を意識して動いた子どもたちは、様々な面で大きく成長したように感じます。

何より、4年生全員が大きな怪我なく、すべての過程を体験できたことをうれしく感じています。

今後も和田島での経験を生かして、さらに成長していくことができるよう、引き続き指導を重ねていきます。


〜子どもの日記より〜
・見通しをもつということを学びました。あとでいいではなく、先にすることを学びました。
・ぼくは、さわのぼりで仲間ときょう力して助け合うことが大切だと分かりました。
・私は、和田島で自然のきびしさや美しさを知ることができました。
・自然は緑でいっぱいになっていて、川の音や虫の声が聞こえて、自然は美しいなと思いました。
・ぼくは、困っているときに友達が助けてくれて、友達と支えあうことの大切さを学びました。
・ぼくが和田島で学んだことは、仲間の大切さです。自分だけではできないことも仲間とすればできるこということがわかりました。
・集団でひとりひとりが責任をとり行動することの大切さを学ぶことができました。


和田島自然体験教室レポート 1日目(4年生) 20151023
【9月16日】
夏休み前から準備を重ね、楽しみにしてきた和田島自然教室第一日。和田島の大自然の中で、学校では行うことのできない体験を数多くすることができました。


初日の大きなイベントは「沢のぼり」でした。

雨の影響で、沢のぼりができるか不安にしている子もいましたが、ペアさんからプレゼントしてもらった「てるてるぼうず」が効いたのか、ときおり晴れ間も見える中で活動ができました。

沢の水は冷たくて、勢いも強く、自然の厳しさを子どもたちは肌で感じ取っていました。

一人で進むのが大変なところは友達と手を取り合って進み、仲間の大切さも実感することができました。


沢のぼりの後は7kmのハイキングです。

野生の動物に出会ったり、景色を眺めながら「やっほー!」と叫んだり、自然の美しさを楽しみました。

夜には、ナイトハイクも体験しました。

暗い道を班で1つの灯篭で進んでいくのは少し怖かったようでしたが、友達と声をかけあいながら、夜道の冒険も楽しく行うことができました。

大勢の友達と一緒にお風呂に入ったり、寝たりするなど、宿泊体験ならではの経験も子どもたちにとってかけがえのないものとなりました。


新しい1年生を案内するよ(5年:就学時健康診断係打合せ) 20151020
 本日6時間目に、「就学時健康診断」で補助の仕事をする5年生の係打合せが行われました。
 11月11日(水)に来年度入学する新1年生のための健康診断があります。そこで様々な検査の補助や案内を毎年5年生が行っています。新1年生は来年度、今の5年生のペアになります。ですから、このお手伝いはペアさんのためにしてあげる最初の仕事になるわけです。打合せでは、仕事の内容や自分の動き方などについて、担当の先生方から詳しく説明してもらうのですが、その場になってみなければなかなかイメージがわかないことがたくさんあります。それでも、最高学年の6年生になるための大事な仕事であるという緊張感をどの5年生もひしひしと感じているようでした。
 まだ少し先の話ですが、かわいい子どもたちを見るとやる気も自覚も倍増すること間違いなしです。平成27年度も後半に入り、少しずつ6年生とバトンタッチしていくことが増え、学校のリーダーへの歩みを進めていきます。






PTAの読み聞かせ始まる 20151020
 読書週間に合わせて、PTAの読み聞かせボランティア・地域ボランティアによる朝の読み聞かせがスタートしました。

 今回の読み聞かせは、火曜日スタートだったり、遠足や社会科見学と重なってしまって中止したりする学年もありますが、のべ87名のPTA読み聞かせボランティア(地域ボランティア8名)のみなさんが読み聞かせに参加してくれます。それぞれ、選んだ本を読み聞かせながら、本の魅力や読書の楽しさを紹介してくれます。







秋をたくさん見つけたよ(1年:秋の遠足) 20151020
 1年生は日本平にある「しずおか里山体験学習施設・遊木の森」に、秋の遠足に出かけました。

 どんぐりひろいをしたり、おもしろい葉を見つけたりしながら、山登りを楽しみました。
 急な坂道にも挑戦、急な坂道はおしりですべってきました。

 ひろってきた、どんぐりや学校の落ち葉をつかって、作品づくりをすすめていきます。






来年どのクラブに入ろうかなあ?(3年:クラブ見学) 20151019
 今週と再来週の予定で、3年生のクラブ見学がスタートしました。

 4年生となると、いよいよクラブ活動が始まります。学校にどんなクラブ活動があるのか、どんな活動をしているのか、子どもたちの関心は高まっています。また、どのクラブに入ろうか考えていくことも楽しいです。

【児童の日記から】
 ぼくは今日、クラブを見に行きました。4年になったらやってみたいクラブは、いろいろまよいましたが、2番は外でやるゴルフ、1番は決まっていません。
 ゴルフは面白そうでした。最初は好きじゃなかったけど、少し体験させてもらって、だんだん分かってきました。穴があり、そこの中でもいいし、近くでもいいから、穴を狙うとおじいさんに教えてもらいました。他にもキャッチボールとかがありました。クラブを見学して、いろいろなクラブがあることがわかりました。

 今日、クラブ見学がありました。私は初めから手芸に入りたいと思っていました。だって、あみものは楽しいし、上手になることはいいことだからです。私のお母さんもお姉ちゃんも手芸が苦手なので、がんばりたいです。

 今日、クラブ見学がありました。班行動だったのでみんないるのか心配でしたが、無事に回ることができました。最初に回ったのは、体育館の方です。さとし先生が教えていました。アンサンブルにペアがいて、とても楽しそうでした。外にいくひまがあったので、外に出てみました。ゴルフやボール運動をしていました。ボール運動は野球をやっていました。ゴルフはおじさんがやっていたので、地域の人かなって思いました。Aコースもとても気になるので、早く2回目の見学をしたいです。

 今日、クラブ見学がありました。ぼくが見学で見たのはバトミントンと卓球とバルンバレーです。その中で一番面白そうと思ったのは、バルンバレーです。わけは最初に、ボールを投げて、その後からまたボールを投げてみると、面白そうに見えたからです。バルンバレーがやりたいなと思いました。

 今日のクラブ見学でぼくが一番「ああ、このクラブに入りたいな」と思ったのは、アンサンブルクラブです。ぼくは音楽が好きだから、入りたいと思いました。2番目はグランドゴルフ、三番目はシンクロなわとびです。2回目のクラブ見学も楽しみです。






百科事典の使い方をマスターしよう(3年:国語) 20151019
 学校司書の中村先生に、百科事典の役割や使い方を教えてもらいました。

 なんと百科事典は全巻そろっていて1冊と数えることや、もともとは巻物からきているから「巻」と言う字が使われている事、国語辞典が「言葉の意味を調べる」ものなのに対して、百科事典は「できごとを調べる」ものだということなど…。
 ビックリしたのは、百科事典には「ポケモン」も載っているってこと。(もちろん、「ポケモン」で引いても出てきません。もともとの言葉を知らないと…。国語辞典も調べてみましたが、こちらには「ポケモン」は載っていませんでした。)

 後半は、「生き物クイズ」6問を、百科事典を使って調べました。

(1)コアラの生まれたての赤ちゃんはおよそどのくらいの重さでしょう。
(2)ハヤブサは、大きいものでつばさを広げるとどのくらいあるでしょう。
(3)カメは多い物で一度におよそどのくらいタマゴを産むのでしょう。
(4)ワニの体の長さは、一番大きいものでおよそどのくらいでしょう。
(5)ダチョウは、1時間におよそどのくらい走るのでしょう。
(6)イカは頭部から足がでています。足は何本でしょう。



 百科事典は何か調べる時に一番最初に見てほしい本。これからの調べ学習に、百科事典を活用してほしいと思います。






読書を楽しもう(図書委員会:児童集会) 20151019

 読書の秋。

 図書委員会主催の児童集会が開かれました。
 今日の児童集会は、「本の扱い方など図書委員会からのお願い」「図書館ビンゴ」「ゴールドカードになった友達の紹介」「新刊図書の紹介」「本のクイズ」など、とっても盛りだくさんの内容でした。

 図書委員会からのお願いでは、「やぶれたり壊れたりした本をだまって返さないこと」「ちがう本棚に本を返さないこと」など本の扱い方のお願いを寸劇で見せてくれました。また、読書週間に行う「図書館ビンゴ」について説明してくれました。
 次は、100冊以上の本を借りて「ゴールドカード」になった友だちの紹介。たくさんの友だちが紹介されました。ゴールドカードになると本を一度に3冊借りることができるそうです。

 新刊図書紹介では、「どうぶつのがっこう」「おばけやさん」「ふしぎ駄菓子屋銭天堂」を紹介。本を題材にしたクイズはとっても盛り上がりました。

 これから始まる読書週間。明日からは、PTAの読み聞かせもスタートします。この機会に、いつも読まないジャンルの本に挑戦したり、シリーズ物を読んだりするなど、たくさんの本にふれてほしいですね。







不思議がいっぱいサイエンスラリー(理科委員会) 20151016
 理科委員会主催のイベント、「不思議がいっぱいサイエンスラリー」が行われました。
 理科委員会が年度当初からアイディアを出し合い、予備実験をしたり、クイズや説明の内容を考えたりして準備してきた11のブースを回るラリー形式のイベントです。

今日開かれたブースは次の11個でした。

・逆フュージョンスライム
・鉄球とゴムボールのちがい
・一円ヘリコプター
・ろか実験
・スライムがとけるこの液体は?
・じしゃくのひみつの力
・鉄球マジック!
・せいでんき実験
・ゆっくりコロコロ
・ビー玉のふしぎな力
・水の力を見てみよう!

 子どもたちは、クラスの友だちと誘い合って、ペアと一緒にこのサイエンスラリーに参加。(なんとペアで参加するとボーナスポイントが2ポイントもらえるんです。)
 階段のところにはってある問題の答えをカードに書いて、ブースで実際に実験してくれるのを見ながら答え合わせをしていきます。理科委員会のメンバーが、どうしてそうなるのか科学的に解説してくれます。
 この活動を通して、理科に対する興味がさらに高まっていってくれればうれしく思います。






調べたことを上手に伝えよう(3年:総合学習発表会) 20151015
 3年生にとっては総合的な学習の時間は初めての取り組み。
 「安東学区博士になろう」というテーマで、夏休み前より調べて来たことを、ポスターにまとめ、友だちの前で発表しました。

 今回は次にようなチェックポイントをつくって、練習やリハーサルを行い、本番にのぞみました。
○声の大きさはよかったのか?(あまり小さくても聞こえませんし、かといって大声すぎては他のグループに迷惑がかかります)
○話すスピードはよかったのか?(発表というとつい早口になりがちです。ゆっくりと落ち着いて話すことが、上手な発表には必要です)
○聞く人の方を向いて発表できているか?
○ポスターを示しながら、発表するなど上手にポスターを利用して発表していたか。
○伝えたいことが伝わっているか?

 中には、自分の言うことをすべて暗記してきていて、すらすらと発表する子どもや、原稿に頼らずポスターを示しながら分かりやすく語る子どもなども…。
 みんな、初めての総合学習発表会を意識して取り組んでいました。

【児童の日記より】
 あした、総合でリハーサルと発表があります。リハーサルでちゃんとアドバイスをもらって、本番は練習の成果を出してがんばりたいです。

 総合の発表でリハーサルは同じグループの人がついているけど、本番はちがうので、リハーサルの時にちゃんとしっかりやり、その力を本番にも出せるよう、がんばりたいです。

 明日、総合の発表があります。だいたいおぼえているので、自信はあります。でもきんちょうします。1月には自分たちでやるので、自ら考え、自らやらなきゃいけないのでがんばりたいです。

 明日総合で発表をやります。今回はお母さんたちは来ないけど、1月に来るので、しっかりとやりたいです。暗記とかはほぼカンペキなので、本番とってもきんちょうするけど、がんばりたいです。






お茶つみってとってもたいへんだあ(3年:茶工場見学) 20151013
 社会科見学で茶工場に行きました。

 訪問したのは、静岡市葵区新間の有限会社「ネクト」です。
 ネクトのある「安倍藁科地区」は、江戸時代より高い品質のお茶を作り続けています。「本山茶」と呼ばれる安倍藁科地区のお茶、誇り高き茶匠たちにより他の産地と明確に区別させました。この精神を受け継いだネクトは気品ある香りと、旨味の強い「本山茶」を作り続けています。
 ネクトは「製茶」だけでなく、お茶づくりから製品までを手がけている会社ということで、今回の見学も、お茶工場の見学だけでなく、「お茶つみ」も体験させていただきました。

 今回の茶つみは、ネクトの工場の裏手にある、会社の茶園で体験させていただきました。つみ方は「一芯二葉」と呼ばれる、新芽の先端から二枚の葉のついた部分をつみ採る方法です。(新茶の茶つみ時によく行われます。)
 子供たちからは、
「たいへん。袋いっぱい葉をつむのは、一日やっても足りない」(持参したビニール袋につんだ葉を入れながら)
「あんなにたくさんのお茶の葉どうやってとったんだろう」(トラックいっぱいのお茶の葉を運んできた農家の人を見て)
「お茶づくりって休む間もないよね」
といった声も。

 その後、茶工場で、お茶の葉が、製品になるまでを見学し、お茶づくりの仕事の苦労や工夫、働く人々の思いに少し近づけたのではないかと思います。





■静岡の美味しいお茶 有限会社ネクト
■お茶百科
■お茶百科キッズ


後期の学級委員をお願いします(児童集会:学級委員任命式) 20151013
 後期最初の日、今日の児童集会では、これから各クラスの先頭に立ちがんばっていってくれる後期学級委員の任命式が行われました。

 担当の先生から呼名され、大きな声で返事をし起立した新学級委員の面々。その堂々とした姿に学級委員としての意気込みを感じました。

 6年生の学級委員代表は、小学校最後の学級委員としてがんばっていく「決意」を発表してくれました。

「ぼくは5か月後に安東小学校を卒業します。今回、小学校生活最後の学級委員を務めることになりました。この限られた期間には、修学旅行や卒業式など、さまざまな大事な場面があります。これをより実りのあるものにしていけるように、クラスのみんなと力を合わせていきたいと思います。そのため、みんなの意見も聞きながら、より明るく楽しいクラスにしていきたいです。最後に、学校のリーダーである6年生として、いつも元気なあいさつを心がけたり、困っている仲間がいたら声をかけたりするなど、下級生のお手本になれるようにがんばっていきたいです。」






調べたことを発表しよう(3年:総合学習発表会へ向けて) 20151008
 総合的な学習の時間に調べてきたことを発表する「総合学習発表会」へ向けた準備を進めています。
 3年生は総合の学習で「安東学区博士になろう」というテーマで学習を進めています。

 このテーマのもと、5つのコースに分かれてスタートした学習も、調べたことをポスターにまとめ、発表原稿づくりをしたり、友だちと発表練習を進めたりする段階にきています。

 分かりやすく友だちに、自分の研究を伝えるために、ポスターに書く内容や色合いなどをよく吟味したり、ポスターを示しながら発表するといった工夫を取り入れたりして、よりよい発表をめざしていってほしいと思います。

 今回の発表は、初めての総合的な学習への取り組みということもあり、経験することに主眼が置かれています。まずは違うコースに参加した友だち同士が集まり、自分の研究について発表する場を設定しています。






1km先ってどこだろう?(3年:算数「1km歩いてみよう」) 20151007
 算数で長さの学習をしています。3年生では1km=1000mを学習しました。1キロという言葉は生活の中でよく使われているので、分かっている子どもが多いですが、なかなかその長さをイメージする事はむずかしいです。
 今日は、ウォーキングメジャー(通称:コロコロ)を使って、学校から1km先がどこかを実際に歩いて調べてみました。

【児童の日記から】
 今日、2時間目に安東小の北側を1km歩きました。1kmのところは北安東三丁目でした。ぼくは短いなと思いました。帰りは歩数を調べました。ぼくの予想は1300歩。実際は1375歩でした。だいたい歩数は合っていました。次の算数の授業が楽しみです。

 今日、算数で1kmを歩きました。まずはウォーキングメジャーで1班から順番に50mずつはかりながら歩いて、帰りは何歩あるかを調べました。1km歩くのはつかれたけど、とても楽しかったです。またやりたいです。

 1km歩きました。名前が不明で先生たちの間でコロコロと呼ばれているものをころがして、1kmはかりました。1kmは1994歩で、北安東三丁目のバス停の前でした。合計2km歩いたけど楽しかったです。

 今日、1kmをはかりました。でももどるので2km歩きました。1kmはそんなに遠くなかったけど、2kmはしんどかったです。お母さんから「運動不足だ」と言われました。

 今日は算数で1km歩いてみました。とてもつかれてしまいました。1kmは何歩かという問題もありました。数えるのがとてもむずかしくて、友だちと一緒に数えました。でも楽しかったです。

 2時間目に算数の「1km歩こう」をやりました。歩いても歩いてもなかなか1kmまで着きませんでした。でもがんばって歩いたら1kmまでたどりつきました。また、学校までもどったら算数ノートに書きました。楽しかったです。

 今日の2時間目に算数でやった「1km歩こう」で、ぼくははじめに戸田書店ぐらいまでだと思っていたけど、北安東三丁目のバス停だったので、1kmは意外と長いなと思いました。歩数も2700歩もあったので、すごいと思いました。今度は2kmはどこまでか調べてみたいです。






2018年01月


123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031









今日は・・・

アクセス