メニュー

安小ニュース



最新情報

過去情報


2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
「恐竜が伝える人間の生きる道」【6年出会いふれあい授業】





20171206
 12月5日(火)と6日(水)の2日間、安東小学校の理科室にて「出会いふれあい授業」が行われました。
 東海大学自然史博物館の学芸員の方が、直接持ち込んでくださった化石標本や、模型、実物大化石レプリカは、魅力も迫力も満点。理科室に入った途端から、子どもたちの目はキラキラ輝いていました。
 実際に手で触り、匂いを感じ、顕微鏡で見て、五感で地球の歴史を感じた後に、講義をしていただきました。
 「2本足で歩くように進化したのが恐竜」、「生き物には、絶滅するか進化するしか道がない」、「恐竜が絶滅するまで生きていたのは、1億8500万年。人間の歴史は、アウストラロピテクスから600万年」名言の数々に驚きの連続でした。
 人間の歴史は、恐竜に比べてまだまだ少ない。絶滅しないように環境や状況に合わせて人間が進化するとは、どういうことか。深く考えさせられる充実した時間になりました。


前の記事:目の不自由な方との交流会(4年)
[ 2017/12/05 ]
次の記事:元気いっぱい快走(朝の自主トレーニング)
[ 2017/12/06 ]

戻る